バリ取り、バリ取りロボット、装置開発、シリコン試作、商品開発、ゴム・プラスチック量産は愛知県近郊の株式会社ワイテックまでご用命ください。TEL052-508-9275

デモ機の「魅せ方」に特に重点をおいて、アイディアから設計・組付けまでアシストいたします。

PRに持ち運ぶための、装置専用の「ジュラルミンケース」も オーダーメイドでご用意することができます。

展示会などでよく使われる製品を魅せるための
オーダーメイドのアクリル台座や、詳しい構造を見るための カットモデルを製作いたします。

ワイテックのツールだけでなく、オーダーメイドのバリ取り専用ユニットや装置の開発を行います。
バリ取りの装置化は、人件費の削減につながり、さらに品質の安定とミスによる歩留りの削減が実現します。
半自動化、全自動化や、装置化するメリットを考えながらご提案いたします。

新規技術開発案件、各種仕上げや検査装置など、 様々なツールを駆使した自動化装置をご提案致します。
ロボットやLMガイドなどを使用した受け渡しシステム等を構築し、 お客様のイメージを形にします。

「大型装置ほど費用は出せないが、社内工程を簡素化、標準化したい。 」
そんなニーズにお応えして、ワイテックは低予算で卓上装置を開発します。 置いたり、取り出したりは作業者でOK、セットすれば自動でタクトスタート。 こんなアイデア装置で現場作業をバックアップ致します。

毎回作業者がノギスなどで測るような単調な作業。毎回置き方に困りながらねじ止め作業。

そんな時は簡易治具などがおすすめです。
治具がある事で、作業時間の大幅短縮するだけでなく作業者によるうっかりミスも無くなり、 納入先の信用度は飛躍的に向上します。

生産性向上と品質安定の秘密

モノづくりではたいていたくさんの部品や工具を使って「最高のモノ」を作り上げていることと思います。
そして、作業工程の中では、どうしても気になる部分が出てくることもまた、多くあると思います。

ドウシヨウ・・・?

漠然と日々思いながらも、「最高のモノ」は作ることができるので、深く考えることは先延ばしになってしまいがちです。
また、どうすればいいのかわからない、設計もできないし・・・お金もかかるし・・・とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

そこで、作業工程で問題となっている部分に合った治具や、時間がかかる工程を全自動化及び半自動化する装置を導入することができれば作業効率は格段に上がります。
また、治具や装置により、今までは作る人の能力にどうしてもたよりがちだった 製品の品質も、誰が作っても安定した品質を保つことが実現するのです。

ワイテックの答え

「なんとかしたいけれども、どうすればいいのかわからない」
まずはその問題に向き合い、コスト面や費用対効果を含めてしっかり考えることが、ゆくゆくは製品の生産性の向上と品質安定につながっていくとワイテックは考えます。
ワイテックでは、その「なんとかしたいけれども、どうすればいいのかわからない」と思っていることを、設計から成型まで全面的にサポートいたします。

2019年 8月5日
■ シリコン商品開発・量産のページを更新しました。
2019年 3月29日
■ バリ取り標準ユニット「DEBURIX」新発売
2015年 12月04日
■ 年末年始12/29~1/3は休業いたします。
2015年 03月01日
■ バリ取りデモロボットを導入しました。
2015年 01月31日
■ 低硬度シリコンゲル(DSシリーズ)が食品衛生法に適合しました。
2014年 5月12日
■ バリ取り工具4種 新発売
カタログダウンロード
アメーバブログ
チームワイテック
Business Calendar
営業時間 9:00~18:00

PAGETOP

HOME会社案内バリ取り装置開発シリコン商品開発カタログお問い合わせ

Copyright (C) 2011 Y-tec.co.,Ltd All Rights Reserved.