バリ取り、バリ取りロボット、装置開発、シリコン試作、商品開発、ゴム・プラスチック量産は愛知県近郊の株式会社ワイテックまでご用命ください。TEL052-508-9275

シリコンで自由に作りたい

シリコンでリアルなはまちつくりました


メーテレさんで、弊社の硬度0度のやわらかいシリコンを紹介していただきました。

お寿司の「はまち」が大好きすぎて、常に持ち歩きたい!という、かわいい女の子の切実な希望を叶えるべく、硬度0度のリアル触感、見た目を追求した「はまちのにぎり」作りにとりかかりました。

番組のあらすじとしては・・・
はまちが大好きな女の子が、はまちを常に持ち歩きたい!という夢をかなえるため、食品サンプルを実際に作りに行きます。
食品サンプルは見た目はとってもリアルなものができ上ったのですが、材質が「塩化ビニル」のため、どうしても少し固めで、やわらかさはリアルではないようでした。

そこで、弊社の硬度0度のシリコンではまちを作ったところ、見た目、触感ともに満足いただけるものになったようです。

0:21秒からTV番組放送が始まります。※音が出ます



「はまちの握り」
ということは、もちろんですが、「シャリ」までシリコンで再現しました。
ここまでくると、見えないところのこだわりになってしまいますが、

はまちの硬さは「硬度0」(ショアA硬度計で測定不可能)

弊社では赤ちゃんの耳たぶくらいと表現するやわらかさです。

シャリの硬さは「硬度10度」

人の肌くらいと表現するやわらかさです。
硬度を変えることで、よりリアルに近い質感を生み出すことができたと
思います。

シリコンは材料そのものの色合いは、基本的には乳白色をしています。
もちろん、材料ベースでの調色を行うことも
できますが、今回はより「リアル」にこだわるため

「調色なし、色味は後付け」

という方法を選びました。

シリコンで細かなニュアンスやリアルを追求するため、後付けで色味やテカリを入れ、
質感やしずる感を表現しました。

細やかなグラデーションが表現するリアルさは、色味の後入れならではです。

s シリコン商品開発・量産 シリコン接着加工 シリコン溶着加工 シリコン造型 食品用シリコン型 シリコンケース製作 シリコン規格品 シリコン種類・特性
2019年 11月22日
■ 年末年始12/28~1/5は休業いたします。
2019年 11月08日
■ オリジナルシリコンケースのページを更新しました。
2019年 8月5日
■ シリコン商品開発・量産のページを更新しました。
2019年 3月29日
■ バリ取り標準ユニット「DEBURIX」新発売
2015年 03月01日
■ バリ取りデモロボットを導入しました。
2015年 01月31日
■ 低硬度シリコンゲル(DSシリーズ)が食品衛生法に適合しました。
カタログダウンロード
アメーバブログ
チームワイテック
Business Calendar
営業時間 9:00~18:00

PAGETOP

HOME会社案内バリ取り装置開発シリコン商品開発カタログお問い合わせ

Copyright (C) 2011 Y-tec.co.,Ltd All Rights Reserved.