シリコンダクト溶着
高引き裂きシリコン

シリコンとは元々「非付着性」だから溶着出来ないのは当たり前。
そんな常識を覆す溶着技術で、従来必要であったシリコンの3次元加工の金型無しで1個から製作可能な溶着加工技術です。

高引き裂きシリコン溶着加工の特徴

  • 金型なしで、立体形状が1個から製作可能です。
  • シリコンの特性はそのままです。
  • ダクトやシュートなど、振動部分のジョイントとして
  • JISフランジ形状や異形(丸型から角型へのジョイント)も可能



高引き裂きシリコン溶着加工例

シリコン溶着加工

額縁形状の溶着加工です。
溶着する事で、シートサイズ以上の規格外パッキンも製作可能となりました。

シリコン溶着ダクト

丸・テーパー筒状溶着と角・丸フランジ立体溶着品です。
ふるい機、振動機等の揺動部分の繋ぎダクトとして、通常の布ダクトには無い柔軟性と長寿命を実現し、しかも半透明の為、流体物の確認作業も容易になりました。




試作開発
シリコン商品開発・量産
シリコン製 食品型

シリコン オリジナルケース オリジナルシリコンケース
シリコンシート、シリコンパッキン